超音波検査

  • 著音波検査 エコー
    説明 超音波検査は、エコー検査ともいわれます。
    腹部超音波検査で調べられる臓器は多岐に及び、肝臓、胆嚢、腎臓、膵臓、膀胱、前立腺、さらに子宮や卵巣が対象となります。従来調べられることの少なかった食道や胃、腸などの消化管も検査対象となっています。
    なかでも胆石、早期肝臓がんの発見に有用です。胆石は、何らかの症状を認めずに、検診で初めて指摘される場合も多く、保有者の約10%は生涯、無症状で経過するといわれています。
    C型肝炎ウイルスが原因となっている慢性肝炎は、肝硬変や肝臓がんに移行する確率が高いので、定期的な検査で早期の変化をとらえるために、この検査が頻用されています。
    当院での検査の受け方 大阪 よしなかクリニック 守口市 超音波検査

    大阪 よしなかクリニック 守口市 超音波検査

Yoshinaka-Clinic